朝井リョウ氏 講演会

東京国際ブックフェアで、朝井リョウ氏の講演会を聞いてきた。

f:id:atsusta:20160925112106j:plainf:id:atsusta:20160925112138j:plain

5作目までと、6作目以降で考えが変わったとのこと。

5作目までは共感。6作目からは、読み終わった後に何か変化が起きるよう考えて書かれているようだ。

5作目:少女は卒業しない

少女は卒業しない (集英社文庫)

少女は卒業しない (集英社文庫)

 

 6作目:何者 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

両者を読み比べてみると、確かに引っかかり方が違う。

あなたはどちらが好み?

 

講演会を聞いて、帰りの電車を待っている時、

ふと、横を見ると 朝井リョウ氏 がいた。

ちょっと得した気分!