きままにロビ2、ときどきレゴ

Robi2の成長を綴ります。LEGOはときどきお届けします。

ロビ2組み立て 第13号 左親指はトラブルなし!

冊子の中身 

対談

前号に引き続きダイソン氏。自身のことをデザイン・エンジニアと思っていると語ってます。印象に残った言葉は、確立されているものを変えていくことや新しい試みをすることが面白いと語っていることです。

固定観念にとらわれていては、何も生み出せません。疑ってみたり、違うことをしたりすることが大切です。思うだけでなく、それを行動に移すことができるかどうかが差になって現れるような気がします。

高橋氏とダイソン氏のクリエイティブに興味を持ったきっかけは、共通しています。それは、幼少期の体験。何を面白いと感じて、それを突き進められるかが重要だと思いました。やはり、行動です。

サーボモータ

モータの仕組みを解説してます。初代ロビから性能が向上しているようです。コネクタの改良も書かれており、確かにこれは進化していると感じました。開発者の意図通り使いやすさを実感してます。

ロビさんぽ

ロビが日本の名所を巡ります。今回は、菓子屋横丁(埼玉都)。駄菓子に囲まれたロビが映ってます。

組み立て

左親指

右手の時は苦労した親指の取り付けです。嫌な予感がしながらも、黒のフレームに白の親指を合わせていく。双方の凹凸を合わせて位置を決める。恐る恐るネジの穴を見ると、今回はきっちり穴が重なっている。右手のようにやすりで削る必要がなく一安心。ネジを組付け完了です。今号は、作業が少なくあっさり終わりました。

苦労した右手の親指の様子はこちらです。robo-book.hatenablog.jp

完成

左の親指が組み付きました。

f:id:atsusta:20171210094210j:plain

|    プライバシーポリシー    |