きままにロビ2、ときどきレゴ

ロビ2の成長を綴ります。ロビ成長の合間に、レゴ制作の様子をお届けします。

ロビ2組み立て 第5号 顔と胴がほぼ完成!

冊子の中身

対談

ロビの生みの親 高橋さんと、佐藤琢磨さんの対談です。佐藤さんは、マシンを操って性能を引き出すプロですね。

ロボットが人と接する部分を意識していると高橋さんは語ってます。人と機械の関りが、ますます重要な世の中になりそうですね。

ロビさんぽ

ロビが名所を訪れます。今回は、吉見百穴(埼玉県)。ちょうどいい大きさの馬の埴輪とツーショット。ミステリアスな雰囲気がGood!です。 

組み立て

ヘッドボタン

頭にヘッドボタンを取り付けます。まず、位置を合わせて、それから、ネジを取り付けていきます。ガイドもあるのでそれほど難しくなく、さっと組付けられました。

次に、頭部を顔に取り付けネジを締めていきます。カチッと慎重にはめ込んで、あとは左右3か所のネジを締めて終了です。顔がほぼ出来上がりました。

f:id:atsusta:20171015121903j:plain

ボディー

続いて、ボディーです。胸マークを取り付け、左右のボディーをつなぎ合わせます。まず、突起を合わせて左右ボディーをはめ込む。その上にマフラーを設置。さらに、その上にサーボモータを穴にワイヤを通しながら組付ける。最後に、ネジを4か所、たすき掛けの順で締めて、完了。

背中

背後に回って、背中を取り付けます。上から垂らしたワイヤを切り欠きの穴に合わせて、背中をカチッと合わせます。ワイヤが、かまないように慎重に合わせ、ネジを4か所取り付ける。ボディー側も完成です。

f:id:atsusta:20171015121910j:plain

今号は作業がいつもより多めで、やりがいがありましたね。

完成

今号はここまでです。

f:id:atsusta:20171015121906j:plain

|    プライバシーポリシー    |