読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月の気になる新刊 その2

中原圭介氏の2017年度版

楽しみ!

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

三四郎 夏目漱石

昔の人も悩みは今と変わらない

なんとももどかしくなる恋愛小説

意気地なし! がいまだに印象に残ってる

三四郎 (角川文庫)

三四郎 (角川文庫)

 

 気に入った人はこちらもお勧め

 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 (第20回山本周五郎賞

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

三四郎は東大、夜は短し歩けよ乙女は京大のお話

大人はもっと遊びなさい 成毛眞

大切なのは行動です。 

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

 

10月の気になる新刊

Wシリーズ第4弾

気になるタイトルだ 

 

きまぐれオレンジ☆ロード まつもと泉

昔からこういう力に憧れがあった。

昔を思い出しながら、時たま読みたくなるコミック。

きまぐれオレンジ★ロード  1巻

きまぐれオレンジ★ロード  1巻

 

そんな力が好きな方は、こちらもお勧め

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 
風が吹いたら桶屋がもうかる (集英社文庫)

風が吹いたら桶屋がもうかる (集英社文庫)

 
家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

朝井リョウ氏 講演会

東京国際ブックフェアで、朝井リョウ氏の講演会を聞いてきた。

f:id:atsusta:20160925112106j:plainf:id:atsusta:20160925112138j:plain

5作目までと、6作目以降で考えが変わったとのこと。

5作目までは共感。6作目からは、読み終わった後に何か変化が起きるよう考えて書かれているようだ。

5作目:少女は卒業しない

少女は卒業しない (集英社文庫)

少女は卒業しない (集英社文庫)

 

 6作目:何者 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

両者を読み比べてみると、確かに引っかかり方が違う。

あなたはどちらが好み?

 

講演会を聞いて、帰りの電車を待っている時、

ふと、横を見ると 朝井リョウ氏 がいた。

ちょっと得した気分!

ままならないから私とあなた 朝井リョウ & ラプラスの魔女 東野圭吾

朝井リョウ ままならないから私とあなた

近い将来、書かれてた世界はきっと来るだろうな。少し寂しいけど。

ままならないから私とあなた

ままならないから私とあなた

 

物語の展開や雰囲気が東野圭吾に似てた。

気に入った人は、東野圭吾 ラプラスの魔女 もお勧め

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

 

ままならないから私とあなた の世界がさらに進んだ先にはきっと

森博嗣 Wシリーズ みたいなのが広がってくるような気がする

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)
 

イミダペプチド

疲労には、鳥の胸肉が良いと本で読んだので、しばらくセブンイレブンで売っているサラダチキンを買って食べていた。

さすがに毎日はきつくなって、サプリメントに変更。

毎日飲んでます。

お買い得パック

イミダペプチドソフトカプセル(84粒)3箱

イミダペプチドソフトカプセル(84粒)3箱

 

最近、ローソン、ファミマにもサラダチキンが売っているようになった。

やっぱり流行ってるようだ。

歯医者でのできごと

とある日の午前。

歯の治療のため、歯医者に向かった。

少し早く着いたので本を読んで待っていると、若い女性の歯科衛生士から治療室に入るよう呼ばれたので立ち上がった。

定期検診では、いつも年配の歯科衛生士に対応してもらってたので、今日は違うんだと思いながら後について席に座る。

先生が来るまでいつものごとくボーとしていたら、その若い女性から話しかけられてびっくりしてしまった。すっかり油断していた。

「何の本を読んでたんですか?」

その後、しばらく会話して分かったのは、彼女は高校生くらいまでは本が好きでよく読んでいたが、最近は忙しくて本が読めていないとのこと。だから気になったみたいだ。最近忙しくってを連発していたので、先生に聞こえているけど大丈夫かなとちょっぴり心配になった。ただの休みたいアピールだった可能性はあるが。

彼女は話すとき、マスクをとっていた。人懐っこい笑顔でころころ表情が変わる様子がよく見え、話していて楽しかった。たまにはいいこともあるようだ。

そんな彼女は、非現実なんだけど現実になぞらえているような小説が好きと言っていた。新海誠の作品も好きなようで、映画より小説がいいみたい。

彼女が新海作品で読みたい、過去に読んで良かったと言ってたのはこちら。

一度読んでみようと思った。

治療が終わった後、もう少し話したいなと思いながらも席を立った。笑顔で見送られながら治療室を後にする。良い一日になりそうだ。

めぞん一刻 高橋留美子

学生の頃、読み返して思ったこと

貧乏、安下宿、学生 と 設定が自分の状況と似ている

唯一違うのが、美人の未亡人が近くにいないということ

それが一番大きいんだけど。。。 寂しい。

たまに読んでみたくなるコミック